ジュエリーの撮影を中心にクリエイティブデザインまで

J FOTO & IMAGEジェイフォト& イメージのポリシー

ジュエリーに携わる方々は、よくご存知のことと思いますがジュエリーの価値は、石の希少性、サイズ、地金、などの公定的価値の他にカット、細工、作りの独創性、のように多様な感覚の上の価値で決められるものがあります。
私たちの作る画像・ビジュアルはどちらかというと後者でしょう。
その価値を計るのはとても難しいと思います。各人に寄り評価は様々ですから。

J FOTO & IMAGEは、「どこよりも安い仕事をします」とは、言いません。
そこに価値を求めるより、「どこよりもいい仕事を、誠実な料金で」と考えています。ご自分で本当にいいジュエリーを買おうと思う時、どうするかを考えていただければよくわかると思います。
ジュエリーの全てにおいて良いもの(公定的価値+作りの良さ)は、高いのが当然ですが、ブランドの力も加味されての値段があると思います。
そのブランド力を、上げられるよう頑張っていこうと思っています。
私たちはある意味での、ジュエリーのデザイナーであり、細工・カットに携わる職人の方々に似た存在だと思っています。
長いことジュエリーに携わってきた、経験と知識を活かした仕事をご提供したいと考えています。

《アドヴァンテージ1》

複数(新商品と既存の商品)の画像を使用するときなど(ライティング・コントラスト・シャープネス etc)は均一である方がよく同一に保っていなくては、かえってマイナスな印象を残します。

新商品の画像をメディア向けに使用する場合でも、バラバラな濃度など統一感のない画像ではイメージがよくありません。また、印刷に使用する場合は、切り抜き料金などのコストと商品の色味の調整など手間がかかることになります。
海外大手ブランドでは必ず入っているパス(切り抜きの状態にしてあること)ですが、黒バックにも白バックにも対応するように仕上げてあり、それをメディアに提供しています。
そこまでしないと提供を受けた側から見れば時間的、コスト的に画像を切り抜くというロスが出るので、取り上げてくれないことがよくあります。少しでも商品のPR に力を入れることをお考えならば、これは必須だと思います。
さらに、1つの商品の画像を大小のサイズで揃えておくことで、広報活動が円滑にできます。

J フォト&イメージでは、切り抜きを依頼される場合はこのようにして納品します。

切抜き画像データ

白バック

黒バック

《アドヴァンテージ2》

商品のイメージをさらに際立たせるために、画像データを使いさまざまな媒体に向けたアイデアとノウハウを投入できるのが、Jフォト&イメージの特色の一つです。

国内はもちろん世界中のジュエラーから発信される、情報・動向を入手できますので、 そのトレンドスタイルもお知らせが可能です。
クライアントの方には制作に関わる内容をていねいにご案内して、新しい状況に対応したより良いものを作ることができるよう努力しています。撮影から、グラフィックまでを一本化して制作しますので、スタイルのブレがなく、時間の短縮、発注者様との連携も正確に反映できます。各々の専門に分けて制作するよりは「コスト」と「時間」を短縮できるのがメリットです。

World map

《アドヴァンテージ3》

J フォト& イメージは企業様の制作物のほか、小売店様の制作物も手掛けています。抑えた予算でコストパフォーマンスのある制作物をご希望ならば、Jフォト&イメージをお試しください。

弊社は制作に関わることの大部分を社内で行うため、「フットワークの良さ」や「レスポンスの速さ」「クリエイティブイメージの統一感」がお分りいただけると思います。どの広告制作もワンストップで完了することができるため、趣旨やご要望などを反映する時間が短いのが特徴です。

ワンストップサービスのメリット
1:お客様の手間や負担の軽減
どの広告媒体に対してもワンストップで完結させることができるため、趣旨やご要望などをそれぞれの制作会社に伝える手間が省け、お客様の負担が軽減されます。
2:コストの削減
ワンストップサービスなら、例えばパンフレットで制作した画像を他の媒体での活用(デジタルサイネージで動画として店頭・展示会で商品紹介・SNSなどメール配信する際に商品を同じイメージでユーザーに訴求できる)の範囲が広がり、さらに広告媒体全体でかかるコストを削減することができます。
3:時間・スケジュールの最適化
お客様のご要望を踏まえ、広告媒体をトータルでサポートし進行するため、時間の削減やスケジュールの短縮につながります。
料金に関しても、ご期待に添えるよう極力努力させていただいています。「ご相談やお見積りは無料」となっています。

ヴィジュアル制作では、やはり商品のイメージ・高級感・クオリティーは、実際のものと同レベルの印象で仕上げたいと思っています。イメージのズレがでないよう、数多い資料などを見ていただき、丁寧でしっかりした事前の打ち合わせを行います。
制作費も画像の併用などで「コスト」を抑えることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

advantage_06” class=